コーヒーと音楽と

コーヒーと音楽と

珍しく雑記的な記事を書いてみます。

010コーヒーイラスト

010COFFEE(ゼロイチゼロコーヒー)は、コーヒー屋さんです。

コーヒーを販売しています。

また、FrederickSum2001名義で音楽も制作し、こちらは素材としてAudiostock様から販売しております。

「なぜコーヒーと音楽?」と聞かれると、

「どっちも好きだから」と答えるでしょう。

色々やってきましたが、やっぱり好きじゃないと続けられない。

アピールポイント

010COFFEEより美味しいコーヒーはたくさんある。

010COFFEEのコーヒーは美味しいです。自信あります。

ですが、うちより美味しいコーヒー屋さんはたくさんあります。

今までコーヒーに少なからず関わってきて、本当に人生を懸けて「最高のブレンド」や「最高の一杯」を目指されているコーヒー屋さんに何度も出会いました。

彼らと比べると、いや、比べるのもおこがましいですが、010COFFEEでは太刀打ちできません。

でも、それでいいと思っています。

なぜなら私の出した、今の結論は「コーヒーは色々な『最高』がある」というものだからです。

真夜中にひとりでゆっくり飲みたいコーヒーもあるし、

キャンプ場で飲むコーヒーは、たぶん銘柄関係なしに絶対美味しいし、

缶コーヒーじゃなきゃいけないときもあるし、

でも老舗の喫茶店で、熟練のマスターがいれたネルドリップが最高なのは間違いない。

私は全部のコーヒーが好きです。

これらを越える、どんなシチュエーションでも間違いなく美味しいコーヒーなんてものが生まれたら、途端につまらなくなってしまうと思います。

FrederickSumとは

私が楽器を触っているときが「FrederickSum2001」です。

名前を変えることに特に意味はなく、敬愛するトラックメイカーが色々な名義を使い分けていたので、カッコいいと思ったというのが正直なところです。

ラッパー・ヒップホップアーティストが色々な「a.k.a」があるのもカッコいいと思っていたので、それの影響も確実にあります。

どんな曲

こればっかりは読むよりお聴きください。

最近作った曲です。

気になった方はぜひAudiostockの私のページをご覧ください。

まだ「このジャンルで」みたいなのは決めていません。

手元にある楽器(Reason、Volca Drum、iPadなど)を色々触って、直感的に作ったものが多いです。

ただ、私個人の好みで「マイナー」や「ローファイ」、「悲しげ」なアプローチが多くなっています。

「コーヒーに合う音楽」となると、ジャズやクラシックとかなんでしょうけど、それだと世にたくさんあり過ぎるので、FrederickSum2001と010COFFEEとしては、もっと違うシナジーを生み出せたらなーと大きな夢を描いております。

コーヒーと音楽は似ている

「それぞれが良い」というのは、ある意味で音楽に似ています。

「この曲が最高。それ以外はだめ」という曲は無いはずですし、

「このジャンルが一番で、それ以外は聞くに値しない」なんてこともないはずです。

TPOや私たちの気分で、「最高」の音楽は変わります。

それが魅力ではないでしょうか。

010的コーヒーと音楽のシナジーとは

正直まだ答えが見い出せていません。

010COFFEEのコンセプトが「0を1より、0を10に」という突飛なコンセプトのものとに動いております。

前から気になっているのはカセットテープ。

そこ私の音楽を詰め込んで、コーヒーとセットでこのコンセプトが気に入った方にお届けする。

そしてそのローファイな「空気感」を、010ブレンドと一緒に楽しんでもらう。

それはちょっとやってみたいことではあります。

カセットテープのケースに入っているあの「紙」とかもデザインしたい。

ハイファイなサウンドじゃなくて、もっとアナログな音、アナログなコーヒー。

血が通った、と言ってもいいかもしれない。

あとは以前こちらのTwitterで気付いたとても大切な事。

これまで、「いかに売るか」を考えていたけど、それってあんまり大切じゃないし、むしろノイズだったかもしれない。

「コーヒーを飲む機会」をどんどん生み出していきたいと思っております。

2021年5月18日追記

https://sites.google.com/site/johnaricecv/music-in-the-age-of-coffee

COFFEEカテゴリの最新記事