偽りと決断

鳥の目玉のような端末が明滅する。

見ているのか、見られているのか。

苦悶の表情を浮かべる男女の顔。

これが愛。

美しい偽りの天使が微笑みかけ、「お前たちは幸せだ幸福だ。これが愛だ」と耳元で囁く。

心臓を貫く言葉の矢。

ノイズに埋もれる景色。

美しい顔の天使は、無表情に矢を射かける。

飢えた子らは、与えられた愛を無邪気に食いちぎる。

木漏れ日。

迷う私と愛し合う二人。

空の向こうを雲がにこやかに過ぎ去っていく。

雲の目がこちらを睨む。

なぜだ。

希望の光に満ちた扉が開きかけている。

迷う私と愛し合う二人。

睨まれ、恐れる私は、扉を壊す。

希望の光?

ウソだ。

光は希望ではない。

希望は胸の中にあるのだ。

扉をぶち破った先にあるのだ。

namelessstoryカテゴリの最新記事