時間の作り方

時間の作り方

「ローカルで活動する」をテーマにこれまで色々と試行錯誤を重ねてきたが、

ローカル故のメリットは少なく、デメリットは枚挙に暇がない。

さらに個人で色々やろうとなると必ず付いて回る問題が、人的コストの問題だ。

人的コスト=労働力・労働時間は、走り出したばかりの弱小コンテンツにおいてはすなわち自分1人の時間・労力に直結します。

これが非常にアタマが痛い。

なぜなら自分が馬車馬の如く働くのは当然として……

  • 資金調達
  • コンテンツの制作・管理
  • 営業
  • アポイントメント

……e.t.c.e.t.c…_:(´ཀ`」 ∠):

やることは無限に等しくあります。

こんな事ひとりでやっていたら、日が暮れてしまいます。

なので今回は悩める個人コンテンツクリエイターのために、
私なりにこの数年意識してきた

意識的な時間の作り方

を共有していきたいと思います。

なぜ時間が無いのか

あれもしたいこれもしなきゃ
なのに時間がない!

極論してしまえば、それは“思い込み”に他ならないのでしょう。

むかしどこかの記事で、

「あなたの24時間は、ビヨンセやオバマやウォーレン・バフェットと同じ時間だ」

……みたいな言葉を読んだことがあります。

非常に物議を醸しそうな言葉ですが、一理あります。

つまり、「時間がない」と思い込んでしまっている事がそもそもの発端なのは受け入れるべき事実なのかもしれません。

(個人的には苦言を呈したいところですが…)

時間作りのコツ

私は一時期を、

朝9時から翌日の3時まで仕事、数時間寝て、また出社。

…みたいなバッチシ違法な会社で働いていたことがあります。

もちろんそんな異常な勤務が長続きするわけもなく、身体に悪影響が出る前にすっぱりその会社を辞めました。

現在も糊口を凌がんと労働には従事しておりますが、
そうなると自分の為に割ける時間は当然減る。

そんな中で、

「与えられた24時間は人類みな平等」

とか言われてしまった日には、後できる事と言えば

その時間の有効な使い方を考える事しかありません。

立ち止まっていても仕方ないので、ここは現実を受け止めて少し頭を働かせてみましょう。

時間づくりにはちょっとしたコツがあります。

優先順位をもうける

やらなくてもいい事も結構多い

まずあなたが

何のために時間を作ろうとしているのか

を考えましょう。

そしてその目標とするものに必要な行動や予算、行くべき場所や会うべき人、物資などをリストアップして、それらに簡単でいいので優先順位をつけてみてください。

後は簡単、優先順位の高いものへの時間を増やし、

低いものは減らすか、そのリストから削除してしまいましょう。

これだけでもだいぶ普段の行動を変えられると思います。

頭ではわかっていても、書き出すだけでも案外すっきりします。

その結果、次にやるべき行動が明確になり、時間にも余裕が生まれるはず。

省力化

細々色々なことに時間はとられるもの

あなたの手を煩わせてまでやらなくてもいい作業に時間を浪費していませんか?

あなたじゃなくても出来る作業は、誰かに任せてしまいましょう。

人を雇えればいいのですが、そんな予算は今はありません。

先日のツイッターの記事でも書いた「twittbot」よろしく、自動化できるものは自動化してしまいましょう。

また、今時は「ロボット掃除機」や「スマートスピーカー」など、こちらの手間を軽くしてくれるモノも多く出てきました。

このあたりに時間を取られていると感じている人は、これらを導入するのが手っ取り早いかもしれません。

スキマ時間活用

その“スキマ”、無駄にしないために

すでに辞典にも載るようになったこの言葉。

意味は言わずもがな。

しかしこの時間を意識して使うのと使わないのとでは、

週・月・年単位で考えた際に大きな差が生まれます。

頭ではわかっていてもなかなか実践は難しいので、ここでは私のスキマ時間を何に使っているかを列挙する。

  • 通勤中の車内 = 好きなクリエイターのラジオを聴く
  • 昼食時 = 食事しながらニュースサイトながら見(行儀悪い)
  • 終業後10分 = ブログ下書き or 動画編集
  • 夕食後から入浴までの間 = ブログ推敲 or 動画編集
  • 就寝前 = 記事・動画アップロード
  • 就寝中 = 動画エンコード

ざっと書いただけだが、これらの時間は意識していないとあっという間に過ぎ去ってしまう。

スキマ時間がきてから何をするか考えるのではなく、

「あの時間ではこれくらいならできるかな?」

みたいに前もって何をするか何ができるかを考えておくだけでも随分と行動しやすくなると思います。

ぜひお試しください。

投資・パッシブインカム

それでも私たちに与えられた時間は1日24時間です。

その限られた時間の労働ですべてをまかなうのは難しい。

そこで“資産運用”という手法が俎上に載ってきます。

資産を増やし、その資産に働いてもらう。

かつては不労所得と言われていましたが、

現在では“Passive Income”(=受動収入とでも言うべきか)と呼ばれている。

以前書いた投資の考察ではないが、

捕らぬ狸…にならないようにしたい

少額からでも投資をはじめることが、クリエイトのための時間を増やすことに繋がるかもしれません。

まとめ

他にも様々な案が考えられますが、まずは上記のどれか一つでも実践してみてください。

ひとつひとつは数秒~数分の時短にしかならないかもしれませんが、

それらの積み重ねは、日を追うごとに大きくなること請け合いです。

この記事が、あなたの創造のための時間増に貢献できることを祈って。

written by Tatsuya

参考URL

・Making time for your business:
https://www.reesadigital.com/blog/manage-your-time-business-life

・10 reasons why some people feel like they don’t have enough time:
https://www.lifehack.org/articles/productivity/10-reasons-why-some-people-feel-like-they-dont-have-enough-time.html

・I don’t have time to start business…:
https://growthlab.com/i-dont-have-time-to-start-a-business/

Entrepreneurshipカテゴリの最新記事