100万円の資産運用について

100万円の資産運用について

まえがき

ちょっと真面目に考えてみました。

当然ですが、皆さんは手元に自由に使えるお金として100万円あったら何に使いますか?

「パーッと使っちゃうよ!」……という方。
羨ましいですぜひその様子をこっそり教えてください。

大抵の方は「貯金」やら「投資」などとお考えではないでしょうか?
他には…

  • 投資信託
  • ローン返済
  • 頭金

e.t.c..e.t.c.. …あんまり思い浮かびません(;’∀’)

先行き不透明な経済情勢が続いております。
限られた予算と時間の中で、目的を達成するためには「資産運用」が不可欠ではないでしょうか?

010workspaceでも、コーヒーの販売、WEBコンテンツでのマネタイズと並行して、(いずれ)資産運用もしていこうと考えております。

ですがただ闇雲に使ってしまってはおそらく「あっ」という間に底をついてしまうでしょう。

そこで今回は「手元に100万円あったら」と仮定した上で色々な手法を調べ、
あくまで思考訓練としてその良し悪しを考察してみようと思います。

※編集特記:以下の記事の内容は、あなたの投資の成功を全く、確実に、絶望的に保証しません。
素人が勉強の為に書いているだけですので、本格的に資産運用を考えている方は、ちゃんとアドバイザーに頼りましょう。

当記事を参考にした投資でいくら損失を被っても、当方は一切関知いたしません。
あらかじめご了承ください。

100万円の投資方法

世に溢れる様々な投資手法……

確実に儲かる……なんて錬金術みたいなものは、
おそらくリスクも相当ハイなのでしょう。

それでも色々な手法を俯瞰してみて、概要を掴んでおく事は損にはならないはず。

ここでは以下の6種類の投資方法について考えてみます。

ロボアドバイザー

「ウェルスナビ」「テオ」、楽天の「楽ラップ」など、
一般的になりつつありますね。

Robo-advisors or robo-advisers are a class of financial adviser that provide financial advice or Investment management online with moderate to minimal human intervention.

wikipediaより引用

英語でしかWikipediaに掲載されていませんでしたが、要約すると「(人間の手間を最小限に抑えて)オンラインで財務的なアドバイスや投資の管理をしてくれるアドバイザーです」となるでしょうか。

海外ではAuto-Pilot Investingとも。

同じく包括的に資産運用してくれる「投資信託」と違い、投資対象の選別から運用まで、ほぼ全てをオンライン上で行ってくれます。

投資対象の選別やリスク管理に対する知識・経験の無い投資初心者にとって有用であると考えられます。

高利回りの普通預金口座

超低金利とかもはや空気の21世紀。

普通預金に預けてて「金利が付いてやった-!」みたいな経験て、
今時の若い人たちは想像すらできないのではかろうか。

地方銀行の普通預金金利はたくさん預けても0.001%…。

定期預金でも0.01%と、もはや「いっそ金利ゼロでいいから、ATM手数料をゼロにしてくれ!」と言いたくなります。

ですがそんな超定金利時代にあっても、数%台の金利を付けてくれる銀行があるそうです。

CitBank という企業をご存知でしょうか。(私は知りませんでした…)

CIT Bank, N.A. (CIT Bank) is the banking subsidiary of financial services company CIT Group.(中略)CIT Bank consists of an online bank and its OneWest Bank division.(中略)As of December 31, 2018, CIT Bank had assets of $42.18 billion and is one of the largest banks in the United States.

wikipediaより引用

CITグループ(大本は多業種の中堅・中小企業への資金調達、リース、アドバイザリー業を提供するカリフォルニアの企業)のオンラインバンク、金融サービス部門が、CIT BANKのようです。

4218億ドルもの資産を持ち、アメリカでも最大級の銀行のひとつだと書かれていますね。

そこの銀行のオンラインバンクのAPY(Annual percentage yield=年率利回り)が、驚きの2.45%。

サイトを見る限り、最低100ドルあればアカウントを開設できると書いてあるのですが…

ドルを持っていないので、ちょっとどうしたらいいかわかりませんでした(;’∀’)

公式サイトには、

CIT Bank, N.A. is a member of the Federal Deposit Insurance Corporation (FDIC), which means your deposit accounts are insured up to $250,000 per depositor, for each account ownership category.

https://www.cit.comより引用

……と書かれており、適当に訳すなら

「FDIC=連邦預金保険公社の会員なので、25万ドルまで保険かけられますよ」

……25万ドルまでの預金保証が任意で付けられるということでしょうか?

危機的な金融危機のリスクがいまだぬぐい切れないこのご時世、銀行預金で利息が付くのは安心できますね。(ドル持ってないけど)

不動産投資

いちコーヒー屋が不動産投資なんて…

はい。無理です。

と諦めるのは早いかも?

調べてみると、どうやら手がない訳ではなさそうです。

不動産投資信託(REIT)という金融商品があるらしい。

A real estate investment trust (REIT) is a company that owns, and in most cases operates, income-producing real estate.

wikipediaより引用

米国で生まれた手法で、「REIT=Real Estate Investment Trust」の略。

日本には「JREIT」というものがあり、「不動産投資法人」という会社のような形態をとっている。そこで「投資証券」を発行、投資家から資金を募り、不動産に投資する。その不動産の賃料収入や、売買の差益を分配するという仕組みだ。

詳細は省くが、流動性確保のために証券取引所に上場しており、不動産の流動性の低さをカバーしているらしい。

どれくらいの元本で始められるのか気になるが、

  • 不動産にダイレクトに投資するより高い流動性
  • 分散投資がしやすい
  • 高収入(株式配当より割高らしい
  • 税制上の利点(があるらしい
  • 楽(実際の不動産購入に比べて)

というメリットが、ざざっと検索した範囲で出てきた。

試しに見てみた「FUNDRISE」(なんて縁起のいい名前!)というサイトでは、

  • 8.7~12.4%の年間リターン
  • 不動産ポートフォリオ
  • 低料金で収益最大化

(適当訳です汗)

……と、トップページに書かれていた。これだけ聞くと怪しい投資の話に見えるが、Googleのレビューでも☆4.9と256件のレビューがあるので、ちゃんとしているのでしょう。

過去の実績や、現在行っている投資もサイトで少し見れました。

最低500ドルから始められるようなので、ちょっと気になりますね。

(ドル持ってない)

コーチングプログラム or 大学

「失敗しない最善の投資は、自分への投資だ」

……みたいな言葉をどこぞでよく聞く。まぁ間違ってはいないんだろうが。

知識やスキルの向上は、それだけ今後にプラスの影響を与えてくれるのは明白だろう。

無下にせず、ちょっと考えてみる。

Googleで「コーチングプログラム」と検索すると、起業家やリーダーシップ養成などを専門としている企業が結構あることに気づかされた。

会社があるくらいだから、すでにマーケットがあって、需要もあるのだろう。

試しに英語で検索してみても、同様の結果だった。

なかでもstrategic coachという企業をべた褒めしている海外ブロガーがいたので、ちょっと調べてみると、

どうやら年間8900ドル(90万円?)支払う決意をして、
そのプログラムを受けたら、「過去最高の投資だったぜ!」
みたいな事が書いてあった。

おそらく細かな内容は書けないのでしょう。
「ワークショップの為に、家から車で2時間の町へホテルで前泊で乗り込むぜ」
「内容はともあれ、ほかの起業家と知り合えてよかったぜ」
などなど、ちょっと漠然としてました。(以上超意訳)

内容がわからないので検討のしようもないのですが、この記事を書いた方はたった4回のワークショップのために90万近く支払ったことを全く後悔していないようでした。

熱意ある起業家や投資家と知り合える、というメリットは大きいかもですね。

同じくらいの資金を使って、大学へ通うと良い、という意見の方もいました。

事業立ち上げ

一番効率がいいかも

これも変化球な気がしますが、私的には一番効率が良い投資な気がします。

なぜなら私が010coffeeを立ち上げたときの資金は100万円には全然満たなかったにも関わらず、今も順調に育ってくれており、金銭だけでない様々なものをもたらしてくれたからです。

興味のない分野でただ「儲かりそう」とか「楽そう」とかで始めてしまうと頓挫が目に見えていますが、

「好きなこと」「興味のあること」で、

「すでにマーケットがある」「すでに顧客がいる」という状況であれば、

100万円は必要十分な資金になってくれると思います。

たとえそれで足りなくても、いまはクラウドファンディングや無料のネットサービスも多いので、そこは工夫次第でどうとでもなりそうだし。

借金返済に充てる

現在なにかしらのローンがあれば、それを返してしまうのも、
立派な投資ではなかろうか?

例えば200万円の車を年2%のマイカーローン10年返済で買っていた場合、
単純に計算して10万円くらい利息を払わなくて済むようになる。

10万円手に入れるのも、
10万円払わなくてよくなるのも、どっちもメリットだろう。

数値が確定している分、下手な投資より確実に利益になるとも考えられるかもしれない。

クラウドファンディング

クリエイター目線だと投資される側で考えてしまいますが、
投資する側に立つというのもひとつの手かもしれません。

観光客の激増でホテル開発が進み、空前の開発ラッシュにあるという沖縄・宮古島。

こちらのサービスのサイトを見てみると…

  • 不動産市場への投資
  • 目標投資利回り 4.0%~
  • 沖縄に特化
  • 少額(1万円から投資可)

……とトップページに書かれていました。

前述の「FUNDRISE」に比べると控えめなのは日本国内の投資だからでしょうか?

しかし、かつてはある程度のコネクションや経験が必要だったこういう相場にも、個人で投資できるようになるというのは歓迎すべき事でしょう。

こちらも少額から始められるそうなので、ちょっと気になりますね。

(近場で、時勢が見やすいだけにドキドキしますが…)

スタートアップやゲーム開発などのイメージが強かったのですが、
こういうタイプの投資方法も検討できそうです。

まとめ

机上の空論甚だしくて恐縮ですが、良い思考トレーニングになりました。

「ぶっちゃけ投資なんて元本がでかい人の勝ちでしょ?」

なーんて思ってた時期が私にもありましたが、腐っていては前に進めませんもんね汗

日本語の投資情報サイトやブログは見飽きた感があったので、極力英語で調べてみましたので、変な珍しい情報もあったかと思います。

もしあなたが手元に100万円あって、投資方法に悩んでいる際の一助になれれば幸いです。

また、「自分はこうした投資をしたよ」などの情報があったら、ぜひ(プライバシーの守られる範囲で)教えていただければ非常に助かります。

written by Tatsuya

注意事項

改めて書きますが、当記事の内容は、
あなたの投資の成功を全く、確実に、絶望的に保証しません。
素人が勉強の為に書いているだけですので、本格的に資産運用を考えている方は、ちゃんとプロのアドバイザーに頼りましょう。

当記事を参考にした投資でいくら損失を被っても、
当方は一切関知いたしません。
また、文中の英訳はすべて適当です。あしからず。
また、今回の内容などについて質問されても、あんまりちゃんと答えられないかもしれませんすみません。

Entrepreneurshipカテゴリの最新記事