FX専用VPSとは

FX専用VPSとは

勤務時間200時間オーバーでは今後の家族の時間が確保できないという悩みがつきまとっております。

ワークライフバランスを実現せんがため、仕事のポートフォリオを考えなきゃなと思って早数年。

投資は以前から続けているので、ここからの収入を生活に充てられたら、なんとか良い方向にもっていけないかと試行錯誤する日々でございます。

その中で気になった単語に「FX専用VPS」なる言葉が。

まったく知らない言葉だったので、ちょっと調べてみようかと思います。

VPSとは

Virtual Private Server(ヴァーチャル・プライベート・サーバー)の略。

通常のレンタルサーバーと異なり、利用の際の自由度が高いそうです。

物理サーバーのなかに、ユーザーごとに仮想のOSやメモリ、記憶領域を設けるため、他のユーザーの利用状況に影響されて動作が遅くなったり、ということが無いそう。

一つの物理サーバーを共有するため、料金を大幅に下げることができる。

半面、物理サーバーを占有するわけではないので、負荷や性能は専用サーバーに劣る部分もある。

要はコストパフォーマンスが高い、ということでしょうか。

FXに何故VPS?

VPSが重用されるシーンとして

  • 独自のアプリケーションを利用したい場合
  • OSを独自の設定で使いたい場合
  • Windows環境を24時間365日稼働させたい場合
  • RubyやJavaを使いたい場合
  • クラウドサービスよりコストを抑えたい場合

などなどの理由が、VPS採用の理由としてあげられていました。

FXに適しているとされるのは3番目の「Windows環境を365日稼働させたい」という部分があてはまるようです。

お名前.comのサービス

私の投資スタイルですと、今のところ24時間365日…というほど稼働はしていないので、VPSはまだよく考える必要がありそうですね。

FXで365日稼働する状況

人力で24時間、365日稼働、というのはありえないと思います。

身が持ちません。

となると、考えられるのはシステムを利用した取引でしょう。

「システムが自動的に取引して、利益を出してくれる」

なんて理想のシステムなんでしょう!

FX自動売買ツールMetaTrader4(MT4)というのが有名?

まぁ現実はそう甘くはないと思いますが、都度都度投資方針がふらついてしまい、妙な利確や損切りを続けてしまうよりは、システマチックにトレードした方が利益が出そうとも思います。

これはまた別の話ですね。

同じような状況のみなさんの参考になれば。

参考サイト

資産運用カテゴリの最新記事