KORG VOLCA DRUMをアップデートしてみた

KORG VOLCA DRUMをアップデートしてみた

※2021.03.19 動画でも解説アップしました。

皆さん、KORGのVolcaDrumはお使いでしょうか。

VHSビデオテープサイズ(表現)ながら、なかなかいなたいビートを制作環境にもたらしてくれる頼もしい奴です。

私もここ半年ほど、そのサウンドにお世話になっております。

2020年の9月にソフトウェアのアップデートが入り、「やろうやろう」と思って今日まできてしまいました。

アップデート方法が特殊で、よく分からない方もいらっしゃるかもなので、やり方とかを共有したいと思います。

ファイルを取得

KORGの公式サイトにアクセスします。

リンクはこちら

ページ下部に「ダウンロード」とありますので、「volca drum/System Updater 1.14」をダウンロード&解凍しましょう。

マニュアルを展開

分かりやすいPDFのマニュアルがついています。

手順通りに音声ファイルを再生して…っと、

音声ファイル?!!?!

VolcaDrumは音声ファイルでアプデ

そうです、私が腰が重かった理由として、この独特のアップデート方式がありました。

だって音声ファイルですよ!?

どうやってそんなんでハードなドラムマシンがアップデートされるんですか!?

まぁ本体にUSB端子も何もついていないし、

入力端子と言えばMIDI・INとSYNC・INのみ。

(出力端子はそもそも使えませんしね)

この手法を採らざるを得なかったのでしょう。

PCとVolcaDrumをオーディオケーブルでつなぐ

さて、文句を言っていてもソフトウェアはアップデートされません。

マニュアル通り、PCとVolcaDrumのSync-In端子をオーディオケーブルでつなぎましょう。

動画では

  • SONYのオーディオコード
  • ステレオミニ/標準フォーン(ステレオ)端子のケーブルと変換プラグ
  • オーディオインターフェースから出力
  • ヘッドフォン用のオーディオケーブル

と、まさかの右往左往でしたが、

ヘッドフォン用のケーブルで落ち着きました。

案外お手元にないかもしれないので、ケーブルが分離できるタイプのモニターヘッドフォンがあると捗ると思います。

うちはこちら。

以前、敬愛するRhymesterのDJ JIN氏が使用していたとのことで、かれこれ5~6年愛用しております。

タフです。

音声ファイルを再生

接続ができたら、該当の音声ファイル「volca_drum_sys_0114」を再生しましょう。

この際、PC側の再生音量は大きくしてください。

おそらく出力レベルが足りないとアップデートに失敗します。(私は失敗してます)

また、注意書きにもあるように下手にスピーカーなどで再生すると機器を破損する恐れがあります。ご注意ください。

再生が始まると、シーケンサー部のランプがインジケーターの如く左から順に点灯していきます。

1:17ほどの曲の再生が終わり、ランプがすべて点灯し、LCD 画面に「UPD End」と表示されましたら無事にアップデート完了です。

一旦電源をオフにしましょう。

音声再生の間、1分少々で終わるとはいえ、Volca本体が途中で電池切れ…なんてことになると恐ろしいです。

できればACアダプタに繋いでおきましょう。

アップデートで何が変わる?

  • ディレイを外部クロックの同期に対応
  • ピッチのクオンタイズを有効にするパラメーターを追加
  • MIDIでのノート入力がすべてのMIDIチャンネルで反応してしまう問題を修正
  • Song Position Pointer受信時の問題を修正

とのことです。

正直、「ディレイ?ディレイついてましたっけ?」「Song Position?ナニそれ美味しいの?」という状況です。

あまり使いこなせていなかったのか…

ただ、そんななかで気になっていたのが、「ピッチクオンタイズ」です。

ピッチクオンタイズ

YouTubeにて「korg volca drum pitch quantize」で検索すると出てくるこちらの動画を見て、「おー!音程のコントロールが容易に!」と興奮。

なんならこいつ一台でメロディーも?とか考えちゃってました。

使い方

一度アップデートしてしまえば、あとは普段通りの感覚で使えます。

  1. 「EDIT/STEP」ボタンを押し、
  2. 「SELECT/PARAM」ノブを回して
  3. 「QPI」を「ON」にする。

こうすることで、ONにしたパートで「PITCH」ノブを回すと、「C2」とか「G4」とかがLCD画面に表示されるようになります。

また、動画のようにパート全体でなく、ステップごとにも変更できます。

変えたいパートをアクティブにしておき、「EDIT/STEP」ボタンを押します。

そして変えたいステップに触れながら、PITCHノブを回せば、

そのステップだけキーを変えられます。

これを駆使すれば、こいつ一台だけでメロディー演奏も夢ではありません。

それではみなさんも良きVOLCAライフを!

使用アイテム一覧

どうもDTMをしていると、「この機材を買えば勝つる!」とか思いがちですが、

「MIDIケーブル」や「変換プラグ」などの脇役たちがいなければ接続すらままなりません。

余計にあっても困りませんが、無いとめちゃくちゃ困ります。

ご参考あれ。

ミニプラグから標準ステレオへ

「Volcaの出音をそのままDAWに録音できれば」と思って購入しました。

volcaがミニ端子のヘッドホン端子しか出力がないので、こういうケーブルが必須かと。

オーディオインターフェース

今回は使用しませんでしたが、ハード機材をDTM環境に取り入れるならあった方がよいでしょう。私のはこちらのUR22C。

最近M-AUDIOが破格のオーディオインターフェースを出しましたね。

これで仲間が増えるってもんです。

標準→ミニプラグ変換

結局こういうの3、4つ家にあります…

オーディオコード

なぜか持っていました。

最初、「これでつなげばすぐできるじゃん」と思っていましたが、「抵抗入り」というのが今回は仇となりました。

説明書通りに使おうと思います。

機能紹介とかもしてます

DTMカテゴリの最新記事