AudioThechnicaの ヘッドホンが5年持つくらいタフネス。

AudioThechnicaの ヘッドホンが5年持つくらいタフネス。

DTMをするなら、モニタースピーカーと並んで重要なのがヘッドホンです。

ヘタなものを使うと音が正確に聞こえないだけでなく、疲労感やモチベーションにまで悪影響を及ぼしてしまいますので、

導入に慎重になっている方が多いようです。

そこで私の使用しているヘッドホンについて触れてみたいと思います。

オーディオテクニカ「ATH-PRO500MK2」

オーディオテクニカの「ATH-PRO500MK2」というヘッドホンを、

かれこれ5年使用してます。

(アームがボソボソなのは後述)

敬愛するJ-HipHopの立役者であるRHYMESTERのDJ JIN氏が一時期使用していた、と聞いて迷わず購入しました。

プロが使用しているだけあって、そのタフネスさには今も感心します。

良い所

音質がフラット

音に関しては、DJが使用している事もあって、特に味付けがあるわけでもなくフラットに聞こえます。

モニターヘッドホンとして「ATH-50x」を出しているオーディオテクニカだけあって、この辺りは信頼できます。

タフネス

見た目の通りの頑丈さです。

かなりハードに扱っても5年持ちました。

クラブのDJはもちろん、DTMerにあっても、耐久性・信頼性は重要なポイントです。

高品質

アーム部分は合皮製で、他の部分はプラスチックですが、マットな仕上げとなっており高級感があります。

アームは伸縮し、金属の延長アームが出てきます。これもグッド。

イヤーパッド部分も合皮で、多少固いですがガッチリと耳を包んでくれます。

付属品に標準ジャック変換のプラグ、コードが2種類、携帯用のポーチがついているのもポイント高いです。

見た目かっこいい

まぁ見た目なので主観の問題ですが、オールブラックで落ち着いた色合いと

ゴツめのデザインは「男のヘッドホン」という感じがしてお気に入りです。

昨今の有機的な、スムースなヘッドホンも良いですが、こういう「業務用」感のあるものも

お好きな方いるはず!

イマイチな所

長く使っているとどうしても気になる部分も出てくるものですね。

あえて良くないと感じる部分を挙げるなら

コードが重い

付属のコードのうち、ひとつはカールしています。

これが重い…

ストレート型を使えば解決なので、大した問題ではないかもしれません。

でもDJおすすめのモデルだからカールコードで使いたいのよ…

合皮がボソボソになった

トップ絵から皆さんも気になっていると思いますが、

ここ1年でアームの合皮がボソボソになってしまいました。

私の保管状況やメンテナンスが悪かったのかもしれませんし、

経年劣化ということのなのかもしれません。

これがまた一気にボロボロになるのではなく、ジワジワと剥がれてきて、髪の毛についたりでなんか嫌な感じ…

対応策

最初こういう黒いバンテージ的なモノでクルクルすれば見栄えもそこまで変わらないで補修できるんじゃね?

と考えていました。

さっと買えばよかったのですが、近所のドラッグストアに似たようなものがあったので買ってしまいました。

いきなり真っ白で、元々の姿を知っている身としては少し違和感がありますが、

ボソボソ感もなくなり、ちょっと清潔になった気もします。

まだ巻いたばかりなので、これが果たして吉と出るか凶と出るか…

総評

5年も使ってまだ使っているので、もちろんおすすめのヘッドホンです。

「耐久性こそ至上!」という兄貴たちには自信を持って「なら買え!」と言えます。

3倍早くなりそうな赤もあります。

余談:ほかの気になるヘッドホン

DTM用途でワイヤレスはあまり聞きませんが、コードの煩雑さはやはり感じますのでワイヤレスも気になります。

Beats

これもなんかもう定番というか、定着した感がありますね。

スタイリッシュさが全面に出ており、音質もゴリゴリ調整されている印象ですが、

そもそも音楽聞くなら「楽しければいいじゃない!」という意気込みを感じるので。

SONYの赤帯と青帯

SONY MDR-CD900STは、世界最先端技術を誇るソニーと、洗練・熟知された音創りの感性とノウハウを持つソニー・ミュージックエンタテインメントとの共同開発によって生み出された完全プロフェッショナル仕様のスタジオモニターヘッドホンです。
【仕様】密閉型、63Ω、106dB、5~30,000Hz

世界中のミュージシャンやエンジニアが愛用するスタジオモニターヘッドホンのベストセラーMDR7506!折りたたみ可能で、持ち運びや保管に便利。プラグの抜け落ちを防止するカールコードを採用。MDR-CD900STよりの柔らかいサウンドとやや膨らみのある低音が特徴。適度な側圧はモニタリングからリスニングまで、幅広く対応する万能タイプ。MDR-CD900STのレッドラインに対してMDR7506はブルーラインのハウジングです。

「とりあえず買うならこれ一択」的な記事を、それはもう目に焼き付くほど見てきております。

そこまで言うならいつか聴いてみたくなるじゃないですか。

ATH-M50

まぁながらくオーディオテクニカユーザーなので、いずれは使いたいと思います。

Anker

「あれ?これbeatsじゃね?」

と言われても仕方のないビジュアルですが、Amazonではベストセラー!

最近PC・ガジェット界隈での信頼性がうなぎ上りのAnker製。

なによりお値段が1万円切っているのが信じられません。

とりあえず欲しいものリストにいれましたw

DTMカテゴリの最新記事