COLORS 失われた記憶【考察】

COLORS 失われた記憶【考察】

※ネタバレ注意!※

おやっとさー!

カゴシマニアのFOOLです。

皆さんはもう『COLORS ~失われた記憶~』はもちろんプレイ済みのことでしょう。

まだやってない!

え?なにそれ?

そんなあなたはこちらの動画を見てから出直してきてください。

お子様向けゲームだと思ってナメてかかると
こうなります。

ハッピーエンドだったのか?

高い壁に隔離され、「色」のない世界で目覚めた少女。

「色」を取り戻し、悪魔を倒した彼女は、

帰宅すると疲れて眠ってしまう。

まさにアイキャッチ画像の気分。
(動画最終回より)

一見すると「色がもどって世界は平和になったね。めでたしめでたし」。

というように見えるエンディングだが、果たしてそうだろうか?

戻るべき世界がある?

少女は目がさめると

「色」のない世界にいた―

あなたの目的は、彼女をあやつって

世界に「色」をとりもどすことです。

はたして少女は 元の世界に

戻ることができるのか?

「はじめに.txt」ファイルより引用

フォルダ内にある「はじめに.txt」ファイルを読んでみると、

以上のような導入文を読むことができる。

つまり、最初に目覚め、最後に眠りについた場所は、

彼女にとっては「マイホーム」ではない?と考えられないだろうか?

もしくは元居た世界から「色」だけが抜け落ちてしまった?

ただし、最後にハサミで開けたプレゼントの中身の写真。

これは同じ部屋で撮られている?
(窓の位置や人形・箱があるから)

この手前のピースしている男の子は、顔つきからするにドクヘビ君じゃなかろうか?

親ポジションに立っている二人は明らかに

「なんとかグラ!」とか「コンコン」言っていたあの二人だろう。

つまり彼女(とFOOLさん)が冒険したこの「世界」は、

あくまで「異世界」「別世界」であって、

「現実世界」「戻るべき世界」の一部が変化して存在している…と考えられないだろうか?

「失われた記憶」とは何だったのか?

ゲーム中、「記憶」にまつわる描写はほぼ無い。

(実況動画の範囲で)

あるとするなら、ドクヘビ君が「みんなから嫌われていた」と思い出すシーン

これをそのまま考えると、

「失われた記憶」は、ドクヘビ君の記憶だったことになる…というのはちょっと強引か。

しかし毒沼を飲み干したあと「色が揃うと『何か』がおきる…」とも思い出しているので、こちらの方が可能性は高いか…?

はたまた、主人公の女の子が記憶喪失なのか…

タイトルにもなっているだけあって、ここはしっかりとした答えを作中で見せてほしかった(想像力の足りない人間の嘆き)

まとめ

プレイ中は謎解きに追われて味わえなかったが、

どうやら思ったよりストーリーの謎は奥深いようだ。

「私はこう思う」などのご意見あれば、ぜひコメントください。

追記

どうやら「トゥルーエンド」的な「何か」が見られるパターンもあるらしい。

いつかまた挑戦してみたいものである。

written by FOOL

参考サイト

ゲームカテゴリの最新記事