【レビュー】「宇宙のお祭り日」【moon の音楽】

【レビュー】「宇宙のお祭り日」【moon の音楽】

先日、ゲーム「moon」の豪華版サウンドトラックを買いました。

メンバー皆で大盛り上がり。

どれくらいファンとかどれくらい好きとかは動画を見ていただくとして、

やはり「moon」というゲームの魅力に「音楽」は外せないと思います。

結論から言うと全曲好きなのですが、ひとつずつその魅力を書いてみたいと思います。

バーンのお言葉

ファニーヴォイスも光る、アシッドでフォーキーな

極彩お祭りソングでハッピーカーニバル。

バーン堂オーナー談

宇宙のお祭り日

MDの曲はどれも甲乙で語れるものではないので、
ナンバーワン!とは言えないのですが、
なぜか一番に書きたくなったので第1号はこの曲で。

もうね、なにが凄いってそのタイトル。

「宇宙のお祭り日」ですよ?

「宇宙のお祭り」ではなく「お祭り『日』」

ここに収斂されていると思います。

イントロの不思議ユルイ会話と、その直後に始まるめちゃLFOのエフェクトが派手目にかかった歌声。

ゆったりほのぼのな雰囲気とは裏腹の、業界に一石を投じる破壊力。

moonワールドを行く当てもなく散歩しながらこの曲を聴いていると、

「あぁ…ハッピーカーニバル…

moonワールドを満喫しているなー」と浸れます。

ジャケ写

これは私が模写したものですが汗

赤メインのパッション溢れるジャケ写。

こっちでわちゃわちゃしてる向こうに弩デカい惑星とリング。

UFO?宇宙船(サンダー○ード3号)?スターミー?

色々な要素がお祭り騒ぎ。

ビタミンカラーなんて言葉がありますが、

元気をもらえる、そんなジャケットですね。

ちなみに私はレインボーロックスから自宅、トロピカルフィールドあたりで聞きたい気分。

ゲームカテゴリの最新記事