LEDをプラレールに仕込みたい【失敗編】

ガジェット
010コーヒー
010コーヒー

ブレッドボードでは光らせられました

PONさん
PONさん

次はプラレールへの組み込みですね

音楽にもコーヒーにも関係が薄そうなことにチャレンジしている010コーヒーですが、

気にせず我が道を逝こうと思います。

前回ブレッドボード上では、(回路図には起こせませんでしたが)無事にLEDを交互に光らせることができました。

今回はそれをプラレールに組み込んでいきたいと思います。

ターゲット

当初はこの「ゆふいんの森号」が実験台でした

こどっもが「動かない」と私のテーブルに置きっぱなしにしていたコイツを直しがてら、

「光ったらカッコ良くね?」と思ったのが終わりの始まりだったのです。

挫折

結論から申し上げますと、このゆふいんの森号は実験台から外されます。

理由は以下のふたつ。

乾電池(1本)ではLEDは光らない

頽れる010COFFEE

電子工作を嗜む方も、そうでない方からも笑われそうなのですが、

なんとLEDは乾電池(1.5V)では光らない、ということを知りませんでした。

ゆふいんの森号は単2電池1本駆動。

電池を増設する改造は私の手には余ると判断し、ゆふいんの森号は無事(?)実験台から外されるのでした。

※普通に直って普通に遊んでます。

基盤のスペースがない

私が今回仕込もうとする回路、ブレッドボード上ではこんな感じですが、

これをゆふいんの森号の「デカい単2電池」「デカいモーター」で埋め尽くされた本体内に仕込むことの難しさに、直前になって気付きました。

てかそもそもユニバーサル基盤の厚み分くらいしか余裕がないことに、最初に気付け。

ドクターイエロー

そして選ばれたのが、ドクターイエロー(尾灯が付いている最後尾の車体)。

新たなる生贄
010コーヒー
010コーヒー

こいつなら、内部はほぼ空洞なので、なんでも仕込めるぜ!

意気揚々とシャーシを外し、LEDを搭載する部分にピンバイスで穴あけ。

PONさん
PONさん

いくつか口径の違うものがあると焦らずにすみます

LED配置

LEDの固定はグルーガン。

見るも無残ですが、結構がっちり固定されております。

私が使ったのは上のリンクのリーズナブルな奴ですが、

アマゾンにもう少し良さそうなヤツが売ってました。余熱が早いらしい。

電源

手元にボタン電池用のON/OFFスイッチ付きの基盤があったので、今回はそれを使いました。

便利ですが、やっぱりちょっと大きいので、基盤いらなかったかもです。

基盤へ落とし込む

部品はそろったので、後はそれらを小さめにカットしたユニバーサル基盤へ配置。

狭い作業台…
配置をミスりまくり、配線使って無理やり配線。
ついにデカいハンダゲット。

プラレールへ固定

紆余曲折を経て、出来上がった小さめの基盤を車内へ。

ボタン電池を本体に固定。スポンジ状のシートに接着。
シャーシ固定用のネジが若干邪魔

でかめのコンデンサが邪魔で上手く基盤が入りませんでしたが、

なんとかすべての部品が収まりました。

PONさん
PONさん

普通寸法測ってから作業しませんか?

010コーヒー
010コーヒー

いけると思ったんだよ!

完成

010コーヒー
010コーヒー

それでは結果をご覧ください

配線完了直後は、数か所配線を間違えており、LEDがまったく光りませんでした。

吸い取り線や熱収縮チューブで絶縁したりと、泥臭い修正を施しなんとか点灯。

「緑と赤が交互に点灯」という本来の目的は果たせませんでしたが、

それでも「赤色LEDが、なんだか脈動する」という、アンビバレンツな成果をあげることができました。

ちなみに、息子氏に渡したところ、

喜んでくれたのでヨシっ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました