【無料!】挿すだけで手軽にローファイにしてくれるプラグイン「Tape MELLO-FI」(Arturia)(1万円相当!)無償配布されたのでREASONで遊んでみた。

【無料!】挿すだけで手軽にローファイにしてくれるプラグイン「Tape MELLO-FI」(Arturia)(1万円相当!)無償配布されたのでREASONで遊んでみた。

1万円相当のプラグインが無料!

とあるツイートから。

「ローファイ」

なんて素敵な言葉なのでしょう。

「無料」という言葉につられてまたプラグインをインストールしてしまいました。

挿すだけで「ローファイ」!

手持ちのDAWとループ素材を使って色々遊んでみました。

もう言葉は要りませんね。

どんなトラックも、これを挿すだけで自然かつしっかりと「ローファイ」感溢れる雰囲気にかわります。

なんならMIXにも使える?

この「Tape MELLO-Fi」、ターンテーブルをストップした時のように「ジワッ」と止まるボタンが付いています。

(フライホイールのような窓の下)

これの止まるタイミングを、1BARとか4BARとか、隣のボタンで調整できます。

8BARまで設定できるのですが、じわーっと止まるので、「あれ?これミックスに使える?」と思い、ちょっとやってみました。

このボタンをMIDIコンとかでフィジカルにコントロールできれば、

簡易的なMIXとかにも使えそうです。

うちでは長らくnanoKEYStudioとnanoKONTROL2を使っております。

YouTubeではなぜかnanoKEYStudioより、nanoKONTROLStudioの方がよく見かける気がしますが気のせいでしょうか。

それよりも、アウトプットの下にフィルターが備わっています。

動画でも喋っていますが、どっちかというとノブでコントロールできるフィルターの方がやり易そうです。

公式サイトが楽しい

https://www.arturia.com/products/software-effects/tape-mello-fi/overview

無料期間が限られていますが、もし過ぎてしまっても公式サイトでちょっと遊べます。

もとになったメロトロンの仕組みやら、サンプルに自分でエフェクトかけたりできます。

DTMカテゴリの最新記事