REASONお手軽サイドチェイン

REASONお手軽サイドチェイン

EDMならずとも、壮大に広がるPAD系のサウンドが、太いキックの4つ打ちに合わせて音量が変化する”あの”音は刺激的なモノです。

ピンとこない方はこちらをどうぞ。

当時はDavid Guetta氏とかAvicii氏といえばサイドチェインなイメージでした(個人的に)。

それでなんとなくサイドチェインという手法の存在は頭に(というか耳に)はあったのですが、

自分の環境でそれを再現する方法を全然知りませんでした。

なので10年ほど記事の内容が遅い気がしますが、

自分の為に(そして一部のREASON兄弟のために)書いておこうと思います。

サイドチェインとは

もう動画を見てもらえば、それ以上言葉はいりません。

ですが、それを再現しようとなると、仕組みは知らないといけません。

サイドチェイン(サイドチェーン)とは、あるエフェクトのかかり具合等を、他のトラックの入力信号等でコントロールする手法。

https://info.shimamura.co.jp/digital/support/2019/03/123915

字のままだと「隣とつながている」ってな感じでしょうか。

確かにキックと合わせて長めのトーンの音のヴォリュームが変化しているので、

音と音の繋がりってのは分かります。

こうした変化をもたらすためには、

うねらせたい方の音(私は主にPADになるかと思いますが)のトラックにコンプレッサーを挿して、

そのコンプにうねらせ元になるトラックからの音声信号をトリガーとして入れ込むことで変化が生まれます。

REASONでやってみた

案ずるはかりでも進みませんので、REASONでやってみました。

REASONには「M Class コンプレッサー」というエフェクターが標準で入っております。

その裏側に、「Sidechain in」というそのものずばりの端子がありますので、それを使用します。

ほぼこれだけ。

REASONユーザーのためにCOMBINATORファイルにしておきましたので、

ぜひお使いください。

https://drive.google.com/file/d/1Xs0B1gQfrYvF3GYLYjFNCU9o7EMlQjO3/view?usp=sharing

ちょっと古いですが、もっと詳しく公式でも解説してくれてた。(わずか2分!イージー)

エフェクター

Deep Space Pulsar

こういうスタイルのサイドチェインなエフェクターもある。

DriveRack 220i(ダッカー)

サイドチェインは、「ダッキング」と言われる手法の範疇に含まれるようで、

要は「ある音の為に、別の音を絞る」というアプローチ全般は「ダッキング」と呼ぶそうです。

そういう専門のエフェクターもありました。

デジタルPAプロセッサー
ダッカー:一方の入力チャンネルに信号が入ると、もう一方の信号のレベルを自動的に抑制。BGMを組み合わせたアナウンスシステムのレベル制御を自動化可能。 デジタルPAプロセッサー 固定設備に要求される以下の機能を搭載。 ・ダッカー:一方の入力チャンネルに信号が入ると、もう一方の信号のレベルを自動的に抑制。BGMを組み合わせたアナウンスシステムのレベル制御を自動化可能。

最適なリスニング環境は必要

上のようなサイドチェインを設定すると、それはもうノリノリな訳ですが、

それも良いリスニング環境があってこそ。

最後におすすめのリスニング・ミキシングツールをご紹介。

Apollo Twin X Duo/Quad

DTM界隈でこの機種に落ち着いている方を多く見かけます。

アメリカの老舗オーディオメーカーであるUniversal Audio謹製のオーディオインターフェース。

私はSteinberg UR22C という値段が10倍くらい違う(安い)インターフェースでPC直繋ぎとの音質との差を痛感したので、投資効果は相当高いはず。

ヘッドフォンも大切ですが、DTMerならインターフェースは良いものが良いと思います。

Waves Plugin

プラグイン=WAVESというくらい、プロにもアマチュアにも愛用されているブランド。

基本の「き」なプラグインから、飛び道具まで揃っておりますが、今から買うならバンドル一択。

コスパは単品で買うのがアホらしくなります(まぁプラグイン全般に言えるかもしれません)。

あと、硬派なUIが「プロっぽさ」を演出してくれる気がします。

業界標準のWAVESプラグインの中でも定番のものをセレクトした必須パッケージです! 業界標準のWAVESプラグインの中でも定番のものをセレクトした必須パッケージです!

参考サイト

DTMカテゴリの最新記事