【レビュー】Volca Drumがグルーヴィーな件

【レビュー】Volca Drumがグルーヴィーな件

VOLCA DRUM概要

KORGさんが出しているドラムマシン。

2019年発売で、これまでに展開されていた「Volcaシリーズ」の新ランナップとして「Volca Modular」と共に登場しました。

ポータブルで電池駆動でスピーカー内蔵。ポータビリティにあふれる。

VHSビデオサイズ。本体はプラ製だがチープさはまったくなく、仕上げ丁寧。

ディスプレイとアルミ仕上げの天板が良い雰囲気です。

音質は良いです。

ヘッドフォンで視聴した際はMAXボリュームだとkick音は音圧が怖いくらい。

ビルトインスピーカーだと限界がありますが、リズムパターンの確認には十分すぎるほどです。よくぞ搭載してくれました。

操作性

一部動画にしてみました。

基本的には直感的に触っていただいて大丈夫です。

ほとんどは思う通りの動作をしてくれます。

ボタンの同時押しや「FUNCボタンが光っているときはこう」みたいなルールがあるので、そこをしっかり把握すればそこまで煩雑ではないと思います。

大半のドラムマシンと同じ感覚の操作で大丈夫かと。(ハードのドラムマシンほぼ初めてなので良そうですが)

特徴

やはり一番の特徴は、「Wave Guide レゾネーター」を利用した、アナログ的な音作りでしょう。

デジタル的なアプローチですが、音作り次第で出てくる音はザラっとした質感にできる。

ソフトウェア的な音ばかりだった私の制作環境に、ハード機材を導入した甲斐があったというものです。

PCに取り込むにはオーディオI/Oが必要ですが、今後が楽しみです。

MIDI

MIDI-IN端子があるので、DAWとかからMIDIで音源ならせるぜ!とか思ってたら、実はちょっと工夫が必要でした。

良くわからないのですが、単にドラムのシーケンスをMIDI経由で流しても、1種類の音しか鳴らせません。

REASONを使って解決できましたので、そこはまた後日。

リンク

Volca Drum

本体。コレが無いと始まりません。

KORG ACアダプター KA350

電池駆動できますが、自宅ではアダプターを使って作業しております。電池気にしなくていいから気楽。

アルカリ乾電池 単4形

このシリーズの強み!電池駆動のおかげで、場所を選ばずプレイ&サウンドメイクができます。

アウトドアでコーヒー飲みながらとか最高!

USB to MIDI ケーブル

DAWからのMIDI信号の出力用に購入しました。USB MIDIは便利。

どの商品が良いのか不明でしたが、Amazon’s Choiceを信じて。
数カ月使用していますが、特に問題なし。

シーケンサー部分解説動画

2021.1月更新

シーケンサー部分も実は有能なので、そこだけ切り取って解説動画を作りました。

単なる16ステップシーケンサーではなく、

「Chain」機能や「Slice」、「Step Jump」機能など、

ライブ感を重視したニクイ機能が盛り込まれています。

海外の動画など見ると、他にも同時押しで様々な裏ワザ?があるようなので、

引き続き、使い倒していこうと思います。

2021.06.29追記

ZOOM社のエフェクター「RFX-300」を使用した記事も書きました。

DTMカテゴリの最新記事