「起業家の勇気 -USEN宇野康秀とベンチャーの興亡-」を読んでテンション上がった話

「起業家の勇気 -USEN宇野康秀とベンチャーの興亡-」を読んでテンション上がった話

先日、とある上場企業の経営者の方と10分だけお話する機会をいただきまして、その話の中でその中で読んでらっしゃる本がこちらだったので、早速読みました。

初めての電子書籍デビューでもありました。

ITバブル前後の歴史がリアルにわかる!

これが一番面白かったかもしれない。

イッパンピーにはあんまり関係なかった(気がする)ITバブル。

あれの前夜から、勃興、衰退までを、

孫正義、三木谷浩史、熊谷正寿、村上世彰、ホリエモン、藤田晋…

錚々たる当事者たちが鎬を削りあう様が描かれます。

下手なフィクションよりも手に汗握りました。

みんな判断力強すぎるよ怖ぇよ…

起業家は「決断」の連続

悩める男

日々連綿と続く「決断」の嵐。

ITビジネス勃興の背景にあった資金調達の潤滑化。

おかげさまで事業の舵切りやM&Aの判断タイミングもシビアに…

これに耐えているだけでも、すでに常人の域を超えていると思います。

孫さんのホワイトボード契約とか、あれって3日くらいしか経ってないよね?

3日で「よし数億円だそう!」とかの決断って、

普通の人だったら胃腸が取れちゃうよね?

宇野康秀さんマジ苦労人

この人は前述したITバブルの寵児たちとはちょっと毛色が違う。

生き馬の目を抜くような、判断力がスーツ着ているような人とは違う。

どちらかというと、そういう時代に翻弄され続けた、泥臭い経営者に見えた。

大阪有線先代社長の残した、不当なビジネスと大きな負債。

それを受け継がねばならかった背景。

M&Aしたばかりの会社の大幅な評価損で銀行から罵られる日々。

こんなの耐えられません。

「決断」というものが知りたい人におすすめ

新聞

ひとりで3社も上場させるとか、

赤字が確定している会社なのに最初から従業員が300人いるとか、

そういう規模の「決断」はおそらく普通の人の前には現れません。

ですが、

そんな私たちの前にも自分にとっては物凄い大きな「決断」を迫られる時はかならず来ると思います。

そういう時に、この本を読んでいると、

その「決断」に良い影響をもたらしてくれると思いました。

感想

「決断」に必要なもの。

要は「やってやる」という気概。

そして決断した以上はやり遂げるという「覚悟」の問題なんじゃないかと。

でもやっぱり三木谷さんとか孫さんとかは、また全然違うモノサシで動いてそうだから、なにかそういうオススメの本があれば誰か教えてください。

余談

この本で初めて電子書籍デビューしました。

アプリはiPhoenデフォルトアプリの「book」。

どのアプリが良いか分からなかったので、とりあえず「デフォルトなんだから、購入して読めないとか無いでしょ」くらいの気持ちでした。

結果、確かに読みやすく、通勤電車ないで3日くらいで読み終えました。

iPhone11の綺麗な画面と相まって、ノンストレス。

ですが…

いかんせん蔵書が少なすぎる!

「次何読もうかなー」と思っても、読みたい本がないのです。

なので私は「book」はこの一冊で卒業。

Amazon Kindleアプリへと流れたのでありました。

先日親しい方へのプレゼントに、Kindle本体をプレゼントしました。

iPhoneユーザーはアプリと悩むところですが、もし本体買おうと思っていらっしゃる方は、どうやらキッズモデルが穴場らしいです。

特に機能制限もなく、カバーまでついててしかも安い…

ちょっとポップ感あるので、渋い男性にはアレかもですが、

そういうの気にならなければキッズモデルでkindleデビューというのも悪くない選択肢かなと。

Entrepreneurshipカテゴリの最新記事