カンディンスキー偉い「具象物を描かない」に挑戦したアーティスト

カンディンスキー偉い「具象物を描かない」に挑戦したアーティスト

コーヒーと音楽を融合させたい。

でもって、そのアートワークス、というか、パッケージも併せて考えねばならぬ。

ただ、「コーヒー」の「味わい」を「目に見える形」にするには、

どうしたら良いか、考えるともなしに考えていた矢先に出会ってしまった。

カンディンスキーとアート思考

ワシリー・カンディンスキー。

1866年~1944年、ロシア出身の画家であり美術評論家。

抽象画家の始祖とされている。

最近購入して読んでいる「13歳からのアート思考」という本の中に登場した人物で、

氏の残した1913年の《コンポジションⅦ》が取り上げられていました。

ジャパンは科学礼賛で突き進んできましたが、そんな論理オンリー思考に限界を感じているそこのあなた。

思考の向かいどころに柔軟性を与えてくれる良著ですよ。

13歳とか書いてますけど、むしろ私みたいな30代、40代の思考の疲れたサラリーマンが読んだ方が良いかと。

コンポジションⅦ

「ここには『なに』が描かれているでしょうか」という問いに対して登場した作品がこの《コンポジションⅦ》でした。

「アートは捉え方、見方が大切」という流れで読み進めていたので、私も

「うーん、赤色が印象的で、ロケットのように火花を散らして前進する何かかな?」とか

「目のような何かが見えるので、生物か何かの動きかな?」とか

色々と思うままに考えて鑑賞しておりました。

結論から書くと、カンディンスキーはこの《コンポジションⅦ》には具象物は一切描かなかったそうです。

クロード・モネの描いた《積みわら》に「え?何が描いてあるのかさっぱり分からないんだけど!?」と困惑し、

それが故に「具象物を描かないことの凄さ」みたいな思いに憑りつかれ、

この《コンポジションⅦ》を生み出したそうです。

音楽を絵画に。

音楽を聴いた時の感情は具象物ではない。

これまで「いかにこの世にあるものをリアルに描くか」を目標としてきたアート界に激震をもたらしたそうです。

カンディンスキーナイス。

感情、音を絵に落とし込む

一言に抽象画といっても、いくつかに分類されるらしい。

キュビズム

ピカソの《ゲルニカ》が有名ですね。

「13歳からの…」でも取り上げられた、ピカソの「色々な角度から見た物体を作者のフィルターを通して描く」手法。

ピラミッドの壁画とかがこれなのかな。

それぞれがその特徴を最も表す角度や大きさで描かれる、もしかしたらスンゴイ手法。

純粋抽象画

我らがカンディンスキーが著名なスタイル。

「自己表現的抽象」とも言われ、自己の内面を表す。

新造形主義

「カタチ」が全面に押し出されたスタイル。

アクションペインティング

もはや描きません。

人間は絵を見ると「そこに描かれた『何か』を読み取ってしまう」という本能に近い反応を示す。

その本能に抗い、「ここにあるのはあくまでも『キャンバスと絵です』」をついに達成した偉いスタイル。

カラーフィールド

もはや「色」。

さて、ここから何を読み取りましょう。

試しに音楽を「描いてみた」

FrederickSum2001 · Genomize Test 528Hz

こちら、周波数に着目して作った自作の曲です。

聴いたまま、ペンの走るままに描いてみました。

 併せてどうぞ。

アートスピリット考察カテゴリの最新記事